エンジニアとして

仕事の合間に仲間と雑談

今後の動向の予測について

IT・エンジニア業界の転職について重要なことは、スキルと資格のアピールです。スキルのアピールは業務に活かせるという意味で重要ですが、なぜ資格取得が大切なのでしょうか。それは、意欲的に勉強できるかということを採用者は見ているのです。資格取得には、一定上の勉強量は必要です。そのため、資格を持っているということは、そうした勉強を厭わないことを証明することになるのです。IT・エンジニア業界は、日々の技術進歩がめざましいので、求められるスキルや知識がすぐ変わります。そのため、日々そうしたことに注意を払いながら意欲的に勉強する人を企業としては採用したいのです。面接では、資格と実務経験をしっかりとアピールしましょう。そうすることで、転職の可能性がかなり上がります。

注意すべき点について

IT・エンジニア業界への転職において注意すべき点について書いていきます。ここではSEやプログラマー職といった職種に限定して話を進めていきます。SEやプログラマーでは、実は平均年収が大きく異なります。つまり、平均年収を比較してみると、SEの方が高い傾向にあります。しかしながら、現在はゲームやアプリ業界が急速に盛り上がりを見せています。つまり、プログラマーの人材ニーズが非常に高まっている状況なのです。そうした背景も手伝ってゲームやアプリ業界に関しては、プログラマーの平均年収が非常に高くなっています。つまり、プログラマーの方がSEよりも高いケースがあるのです。このように同系職種であっても年収に差がありますので、転職活動している人は、非常に注意が必要です。